海外留学支援ガイド

快適に過ごす

しかし、快適に安全に留学生活を過ごすためには、暮らしのマナーを守ることが大切です。このページでは、コミュニケーションとトラブルの2つの面から、暮らしの注意点を考えましょう。

1 コミュニケーション

留学生活では、たくさんの人との出会いがあります。その国との学生はもちろんとして、日本も含めた海外からの留学生や先生、学校や学生寮のスタッフ、ホームステイ先の家族、滞在する人々などなど、時に助けてもらったり、時に力を貸したりとさまざまな場面で関わりあう人たちとは、マナーを守った心地よい人間関係を築いて欲しいです。

2 危険から身を守る

海外で暮らすなら、何よりもまず「ここは日本ではない」という事を肝に銘じておきましょう。日本では安全なことでも、海外ではそれが通用しないことも多いのです。「自分のみは自分で守る」という意識は常に持って行動しましょう。

◇「自分の身は自分で守る」ためのポイント

危険な地域をチェックし、近寄らない。

夜間の一人歩きは避ける(特に女性)。

所持品は必ず手元に置き、目を離さない。

本当に必要なモノだけを携帯する。

異性を刺激するような服装や行動は慎む。

見知らぬ人を無条件に信用しない。

ドラッグなどの誘いに乗らない。

何かをひったくられても、取り返そうと格闘しない。

ルームメイトや友人、ホストファミリーに予定を伝えておく。

緊急時の連絡先をまとめておき、それを携帯する。

◇注意

海外にいると好奇心のあまり、日本にいるときは考えられない行動してとんでもない結果に陥ってしまう場合もあります。くれぐれも自分なりの行動やルールを持ちそれを必ず守りましょう。「Curiosity killed the cat」を忘れないようにしてください。

でも、どんなに自分自身で気をつけても、トラブルに巻き込まれてしまったら、すぐに現地の警察に通報して、被害を届けましょう。そして、被害届の受理を受けることです。後の保険の請求やパスポートの再発行などに必要となるはずです。さらに、近くの日本大使館や総領事館にも被害内容を伝えましょう。

recommend

動画配信サービス比較ランキング!アニメや映画鑑賞におすすめはここ

最終更新日:2018/3/5